" />

こどもコース

別所和洋ジャズピアノ教室では、こどもコースの生徒さんも募集しております
こどもコースには年齢に応じて、2種類のコースをご用意しています

 

 

Ⅰ、こどもコースプライマリー

■対象 3歳から小学校2年生まで

■レッスン料 7000円/月 1回30分 月3回(年間36回)

■教材
特に使用しないか、講師の方で作成した譜面を使用します

■内容
音の名前、音符の読み方、鍵盤の位置など、音楽の礎を築くコースです。少し慣れてきたら、好きな曲のメロディーを右手で弾いてみます。完全に個人レッスンですので、お子さんに合わせ、丁寧に音楽の基礎を学んでいくことができます。

 

 

Ⅱ、こどもコースジュニア

■対象 小学校3年生から小学校6年生まで

■レッスン料 8000円/月 1回30分 月3回(年間36回)

■教材

新訂 ピアノのテクニック
音楽之友社
エルネスト ヴァン ド ヴェルド (著), 安川 加寿子 (翻訳)
ピアノの基礎的なテクニックを身に付けるために必要な楽譜です

41sTL+Z-qgL._SL500_AA300_

Miyoshi ピアノメソード 1 ピアノのための12の課題 (改訂版)
河合楽器製作所
三善 晃 (著)
音楽の基礎的な知識や、楽譜を読む力、初見などの力が身に付く楽譜です。

31nQ773wlWL._SL500_AA300_

■内容
「ピアノのテクニック」により基礎的なテクニックを身に付け、「ピアノメソード」を進めていくことで、楽譜から音楽を読み取る力を養います。おうちでの練習で、この二つを軸に進めていきます。30分のうち15分から20分程度はこの課題の確認をして、残りの時間で、お子さんには好きな曲を弾いてもらう事にしています。

 

 

理念
こどもコースにおいて、私が考える重要な理念があります。

ピアノを好きになってもらうこと
自分で考えて行動できる人になってもらうこと

以上の2つです

日本では、かなり多くの人が幼少期にピアノを習っていますが、大人になってからはほとんどピアノを弾かないどころか、ピアノを聴く機会すらないという人がかなり多いように思います。それは、住宅事情、受験勉強や仕事の忙しさ、不況など、様々な要因があるとは思いますが、かなり大きな理由として、ピアノの指導法の失敗があると思います。
話を聞く限り大部分の人がピアノの先生が厳しくて辞めたと言っています。手を定規で叩かれたと言っている人もいました。またお母さんに家で厳しく練習を見られて、それが嫌になって辞めたという人も。
当教室では、ピアノを好きになってもらうために、レッスン中、声を荒げたりして叱ることを一切しません。必要に応じて諭すことはあります。
また、おうちでお母さんが熱心に練習を見る必要もありません。次の項にもつながることですが、課題をお子さんに管理させて、自発的に練習に向かえるよう、講師が努力します。最後の仕上げに弾いている様子を聴いてもらう程度の関わり方で問題ありません。

お子さんにとって、自分で考える力を養うのは重要です。それは、ピアノ学習のなかで確実に培うチャンスがあり、将来必ずお子さんの人生において助けになります。例えば、間違えたところがあった場合、すぐに指摘するのではなく、自分でどこが間違ったかを考えてもらったり、次に何の曲をやるかも、考えてもらいます。自分で考える機会をお子さんから奪わないように気を付けています。

当教室では上記のような理念で、お子さんの指導をしています。

 

 

親御さんの声

お子さんを二人習わせて4年目、Sさんの場合

音楽の成績があがった。
楽譜が読める。
最初は出来ないと言っていた曲が弾けるようになって、嬉しい。
特に家の子は、面倒くさがりで、諦めが早いところがあるので、子供の興味のある曲を選ばせてくれて、子供のレベルに合うようにアレンジして最後まで弾けるように根気強く教えて頂いてるので、有り難いと思っています。
いつもレッスンだけでなく、色々お世話になっております。モチベーションをあげるために様々工夫をして頂いて、なんとか続けてこれました。最近はピアノらしくなってきたと思います。先生の気の長さに感謝です。家で練習している姿に成長したなぁと思います。できる限り続けて欲しいです。

無料体験レッスンお申込みはこちらのページから

Leave a Response