" />

Chris Dave, Robert Glasper, Stokley, Beyonce Jam Session

YoutubeにあるJazzの動画のリンクを載せて、あれこれ書いています。

なんといっても、Chris Daveだ。ドラムの常識が通用しない。ドラムにおけるこれからの数十年の新たな価値観がChris Daveから生まれているといって過言ではないはず。Tony Williamsと同等の存在に等しいとすら言える。
Chris Daveも、Robert Glasperもとことんブラックで、音楽の垣根というものを取っ払っている。Beyonceがこういう場所に出現するというのも、黒人のカルチャーならでは。ビバップ創世記のNYにおけるJazzシーンも、こういう雰囲気から生まれてきたはずなのだ。今後のNYの音楽シーンは彼らが引っ張っていくことだろう。


Leave a Response