4.コードの実践

C△7と、C7は、ルートも同じだし、よく間違われます。音の違いもシとシ♭だけだし、名前も似ています。だけど、二つは全く違った意味を持ったコードだと知ってもらいたい。そこで、ダイアトニックコードという考え方を紹介します。

上記はCメジャースケールですが、この構成音でコードを作ってみます。

上記のように、スケールのそれぞれの構成音をルートとし、スケール上の音を使って作ったコードを、「ダイアトニックコード」といいます。そして、そのコードを、役割によって「トニック」、「ドミナント」、「サブドミナント」にカテゴライズできます。このような考え方のことを「機能和声」と呼んだりします。

ここで一つ覚えておきたいこと、「ドミナントはトニックに向かう」

どういうことかというと、ドミナントの和音は不安定な和音なので、トニックのような落ち着いた場所に向かう力が発生するのです。この動きのことをドミナントモーションと呼びます。

ここで最初に述べた、C△7とC7の違いについて考えます

上記二つのダイアトニックコードは、Cメジャースケールと、Fメジャースケールのダイアトニックコードです。今回は4和音で作りました。C△7はCメジャースケールの1番目のコードで、分類はトニック。C7はFメジャースケールの5番目のコードで、分類はドミナント。二つは全く違う意味合いをもったコードなのです。

同じ曲中でこの二つのコードが出てくることがあります。

このように、CからFへ向かうコード進行の間にC7が入ることがあります。機能和声的に言うとトニックであるCというコードの次に本来別の調のドミナントであるC7を挟むことにより、次のFに向かう力を発生させ、より強い力でFに向かう流れを演出できます。このようなドミナントのことを、セカンダリードミナントといいます

この他にも色々な場面で、色々な種類のセカンダリードミナントが出てきます。

G7の手前にD7

Amの手前にE7、

F△7の手前にC7(それをさらに広げてGm7-C7のⅡm7-Ⅴ7を作っている)

Dm7の手前にA7

このように、セカンダリードミナントを使うことで、ドミナントモーションによる強いコードの流れを作ることができ、別の調からコードを借用することで、曲の彩りが豊かになります。

コードの実践テスト①

Leave a Response