3.コードの知識

音程の知識を活かして、コードを理解していきます。

※上記コードの色々な表記の仕方を記しておきます。

Cm、Cm7→C-、C-7

Caug→C+

Cma7→C△7やCM7など

Cdim、Cdim7→C⚪︎、C⚪︎7

Cm7♭5→Cφ(ほんとは⚪︎に斜め線)呼び名もハーフディミニッシュと言ったりします。

転調してもわかりやすいように、コードを音程で捉えてください。

例えば、Cなら完全1度、長3度、完全5度のように。

おおまかに135とかでもいいです。その場合、Cm7b5は、1♭3♭5♭7、のように、長、短を厳密に区別してください

コードテスト①

2、テンション

前項で基本のコードを記しましたが、もっと複雑なハーモニーを得るために、テンションを用います。

テンションを加えるのは基本のコードを弾くのに比べ、高度なことです。が、以下の7音がテンションのすべてです

テンションは、9,11,13で表されます。しかし、コードの構成音は大体1,3,5,7で表されているの誤解されやすいですが、単に上部に配置するという意味ではなく、コードトーンと区別する意味があると思ったほうがテンションを理解しやすいかもしれません

各コードへのテンションの付け方の例をあげていきます。

これは一例ですが、このように、左の基本のコードを、真ん中と右の2種類の形にアレンジします。一つのコードに対して、2つの展開形を持つことにより、前後のコードとの関係やメロディとの兼ね合いでよりよい形を選びます。

具体的な流れでやってみましょう

前後関係で、押さえやすい形を選んでいます。

コードテスト②

Leave a Response