" />

Dream Journey

ヤセイの曲のなかでも個人的に特に思い入れが強い曲「Dream Journey」は、僕達のデビューアルバムの最後に収録されています。

作った日が明確に分かっている曲というのはあまり多くないです。けれど、この曲は忘れようがないんです。
2009年12月27日、競馬ファンにとってはその年を締めくくる大一番。その年最後の馬券に夢を託すお祭りが中山競馬場でおこなわれ、同じ頃家で曲を作ろうと悶々としていた。テレビでもつけながらやってみるかと思い、競馬中継を流しながらピアノに向かっていると、レースが始まった。

競馬はあまり詳しくないけれど、有馬記念が特別だということは知っている。あのファンファーレと大観衆の手拍子を聞いただけで、馬券を買わずとも胸に熱いものがこみ上げるのだから、現地で馬券を買って勝負している人達の気持ちたるや、想像に難くない。
レースはハイペースな展開。ドリームジャーニーは最初出遅れたようにみえた。しかし、終わってみれば一番人気のブエナビスタを最後の直線で差しきり見事に一着でゴールしたのだ。
ゴールの手前で三宅アナの放った言葉が、心に響いた。「夢への旅路だ!」
レース後、鞍上の池添謙一は男泣き。大観衆の目の前でのガッツポーズは馬への愛、観客への感謝、今までの苦労など、様々な想いが伝わってきて、感動というほかなかった。
まるでいい映画を見終わったあとのような高揚感とともに、曲のイメージが出来ていた。栄光を手にしたドリームジャーニーと池添騎手の夢のような旅路をこの曲と共に味わいたいと思った。

最初の頃はピアノトリオで演奏していたけど、ヤセイでこの曲を演奏するようになって、ツアーも周り、レコーディングもして、もうすぐこの曲が世に出ることになる。こんなに嬉しいことはないと思う。今まさに、夢のような旅路にいて、この先も続いていくんじゃないか。この曲を聴いているとそう思える。

レコーディングでは、吉本さんが素晴らしいソロを吹いてくれた。本当に感動して、何度も何度も聴いて、未だに涙が出そうになる。皆さんにも是非聴いて欲しいです。Yasei Collectiveのデビューアルバムは、7月に発売予定です。それまで待てない人は、ライブに来てください!

Yasei Collective× Lone Empty Bed

2011年5月15日
@渋谷 SECOBAR
open/18:30 start/19:30 ¥2,500 (税込/ドリンク別)

7月に1stアルバムを発売するヤセイが久々のライブ!今回はゲストに「ローン・エンプティ・ベッド」を迎え、更に進化した姿を披露!

Yasei Collective
松下マサナオ(ds,per)、中西道彦(b,syn)、斎藤拓郎 (vo,g,syn)、別所和洋(key)

Leave a Response