" />

ここ数日考えていること

先週の地震から、我々の生活は一変しました。地震直後は知り合いの安否確認に追われ、その後報道で地震の深刻さを知り、Twitterなどのソーシャルメディアによって現地の様子や電車の運行状況、海外からの声、デマの流布など非常に多くの情報洪水にさらされています。
かねてより、Twitterの情報量の多さは我々にとって周知の事実であり、その機能はなんら変わったわけではありませんが、震災以前は「丸の内なうこれから女子会」的な言わば聞き流していいつぶやきが大部分だったのに対し、今我々がさらされているつぶやきの多くが、インプットしておく必要がありそうかつ真偽のほどがさだかではないものです。
「情報の確からしさ」というのはかつてマスメディアが担ってきた責任です。それは確かなソースであり、発信元の明記です。それが今にわかにソーシャルメディアに委譲された権利に添付し忘れられて、メディアが巨大な諸刃の剣となって我々の目の前に置かれている、と言えます。この剣を扱えるかどうかは我々の民度にかかっていると思うのです。

多くの情報にさらされて、我々は混乱と興奮と漠然とした不安が入り混じった状態に陥っています。そのような状態では、一つの偏った強い意見に流される人も出てくる。それは怪しい新興宗教かもしれないし、外国人が井戸に毒を混ぜるというデマかもしれないし、「トイレットペーパーが足りなくなるらしいから買っておいた方がいい」というとなりのおばさんの言葉かもしれない。いずれにしても、今、我々は危険な状態だと認識したほうがいいことは間違いない。

世界のメディアが絶賛している日本人の民度が問われている。地震によって甚大な被害が出ているわけではない東京の我々が、しっかりしなくてどうする、と思う。取捨選択の指標は我々自身のなかにある。

Leave a Response